第8回 縄文川柳全国大会

令和三年九月十八日 於 笹山縄文館

多数の応募ありがとうございました。一般、ジュニアの部併せて1,500句もの応募をいただきました。下記の通り入賞作品を発表いたします。

▼一般の部     選者 松田 ていこ
課題 「暮らし」
 <縄文大賞>
  土器が見し幾星霜の物語り
春川 祐二(新潟県・十日町市)
 <準賞>
  身の程に生きて米寿を迎えます
桾澤 英男(新潟県・十日町市)
  雨の日は女にもどる針しごと
福田 悠(香川県・さぬき市)
  この愛と暮らすわたしの緯度経度
若林 柳一(新潟県・佐渡市)
  代々の風と暮している安堵
山倉 洋子(新潟県・五泉市)
  妻を待つ暮らしをくれたテレワーク
中静 憲夫(新潟県・長岡市)

 <選者吟>
  わだつみの君を訪ぬる彼岸花

▼ジュニアの部     選者 中沢 光路
課題 「暮らし」
 <最優秀賞>
  妹がわらうとぼくもうれしいな
ひ口 まお(中条小・三年)
 <優秀賞>
  校舎から笑みがこぼれる夏がきた
 保坂 美波(みなみ)(南中・三年)
  夕立だ家のやねたち歌いだす
若井 慎弥(しんや) (中条小・四年)
  ふっとぶよやなことぜんぶぶらんこで
すずき まに(下条小・一年)
  玄関でいつも見送る父と母
岩田 幸明(こうめい) (中条中・一年)
  おすそわけやさしさわけあうありがとう
阿部 未空(みく)(西小・六年)

 <選者吟>
  先人を思い平和な日々を生く

 ※第九回縄文川柳大会 作品募集中

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。