笹山日記

大地の芸術祭がまもなく始まります。

笹山遺跡も賑わいがあることでしょう。

お隣の高龍神社でちょっとしたイベントがあるみたいです。

ぜひお越しください!!!!!!!

東方事務局員もいろいろ兼務で参加予定です!!!

 

私ごとで大変恐縮ですが、スマホを最新機種にしました。

試写を兼ねて撮影タイムです。

え?画像が悪いですって?

この画像は、もともと5,000ピクセルの8MBもある大容量のものをPC側で圧縮したものです。大容量すぎてホームページに耐えられません。スマホなのに一眼レフ並みの性能を持っているらしいです。

 

え?なんですか?

 

横で掘っているものですか?

実は第11次発掘調査が今年行われております。まずは中世時代の発掘ということで行っているものです。発掘後は駐車場になる予定です。

ホームページに合うようにもっと調整をうまくやります。

今回はこの辺で勘弁してください。

平成30年6月17日 笹山縄文館にて平成30年度総会を開催いたしました。

(決議事項)

1 平成29年度事業報告・収支決算並びに監査報告

2 平成30年度事業計画

3 役員改選

(※)一部変更を含む全ての議案は決議されております。

平成30年度もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

すべてが事後報告で申し訳ありません。

第19回笹山じょうもん市でございました。特集です。

笹山縄文館前より ブースの一部と体験できるブースがあります。

 

笹山縄文探検団より幟を立てていただきました。

 

地元小学生が参加し、地元の方も参加した「大の坂」

 

ステージショー。いつもの笹山とは違い、今日は賑やかです。

 

地元の商店のブース。美味しそう。

 

竪穴式住居の前ではいつもより多くの魚が焼かれていました。これも美味しそう。

 

竪穴式住居の前では踊りのミニイベントをやっていました。うまく踊れるかな?

大量の札は、じつは新潟国際情報大学生による「縄文絵合わせ」

 

 

 

 

 

 

今回新たな取り組みとなる「笹山縄文ツアー」笹山遺跡のことをもっと深く知ってもらうために専門員による解説を行いました。みなさん興味深く話を聞いているようです?!

 

最後は、地元の「風のこころダンサーズ」並びに新潟国際情報大学生、ゲストの大渕聡子様による踊りです。今回のイベントの一番の注目でした!

 

好天に恵まれ、大盛況に終わることができました。ご来場の皆様そしてイベントにご協力してくださった全ての皆様に感謝感謝です。

 

 

 

やっと笹山の雪もとけました。

竪穴式住居と笹山縄文館の雪囲いも外れて、元の風景になりました。

今の時期は桜が咲いています。もう葉桜気味ですが少しの間は綺麗に咲いています。

すっかり更新をサボっていたら春になってしまいました。

特集で今までのことを紹介します。

1 十日町雪まつり(笹山じょうもん広場)

今年も頑張って制作いたしました。入選でしたが、来年は入賞を目指して!!!

当日は吹雪荒れ狂う雪まつりでした。竪穴式住居の中が一番平和だったような気がします。でも、

これぞ雪国!!

でしょ?

 

2 雪消え

十日町雪まつりが終わると今度はひたすら雪消えです。このような光景が2週間くらい続きました。

 

3 4月の雪割り

写真は縮小してよく見えませんが、道路を使って雪割の様子が伺えます。撮影日もパワーショベルで雪を撒いていました。

もうほとんど雪消えです。

イベントというものは重なるもので、普段は雪に閉ざされた笹山遺跡がにわかに賑わった1日でした。

その1

笹山縄文カレッジ
ささやまラボ 火焔型土器チョコ作り

http://www.tokamachi-museum.jp/cgi-bin/cms_index_news/upl/248.pdf

十日町市博物館の主催で行なっております。本物の縄文土器のかけらから型取りした型を使ってチョコレート作りを行いました。一個もらっちゃいました。ちょっと早いバレンタインチョコです。

 

その2

雪国文化体験モニターツアー御一行様

「火焔土器のクニ 十日町 縄文ツーリズム」が主催し、秋にあったツアーの第2弾ということで少人数ではありますが冬の笹山に訪れました。

阿部学芸員の説明も熱が入ります。

そして一行はかんじきを履いて外に。

 

その3

十日町雪まつりのおまつり広場準備

地元の振興会による十日町雪まつりの準備です。2月17日(土)〜18日(日)に開催されます。

http://snowfes.jp/wp/?p=12668

ぜひお越しください。

 

以上、賑やかな笹山でした。

一時期は「いつ雪が降るんだろう」とか「雪少ない」とか言っていましたが、今シーズン最強と言われる寒気の影響ですっかり冬景色になりました。

この奥に竪穴式住居があるのですが、深くて見えません。

縄文館の屋根に注目!東風の「笹山おろし」が大量の雪を運んだせいか、大きな「雪庇」が出ていました。

この後、この雪が一気に落ちてきて、大変危険な目に遭いました。気をつけましょう。

2017年の冬至はとてもとてもいい天気でした。今年は降雪が早く、11月中旬に積もってしまいましたが、今のところは大雪ということではないようです。今後どうなるかわかりませんが。

この頃になると、毎年「冬至の会」を開催していた頃が懐かしく感じます。

またやろうかな??

前回の冬囲いの時期と比べて、降雪はありますが、そんなに多くはないでしょうか?

今年は寒波が例年より早く到来してきました。

間一髪で笹山縄文館ほかの冬囲いが終了しました。

現在の笹山はすっかり雪化粧です。

冬の間も、様々な方々が様々なイベントを行いますので、頑張って維持していきます。