笹山日記

やっと笹山の雪もとけました。

竪穴式住居と笹山縄文館の雪囲いも外れて、元の風景になりました。

今の時期は桜が咲いています。もう葉桜気味ですが少しの間は綺麗に咲いています。

すっかり更新をサボっていたら春になってしまいました。

特集で今までのことを紹介します。

1 十日町雪まつり(笹山じょうもん広場)

今年も頑張って制作いたしました。入選でしたが、来年は入賞を目指して!!!

当日は吹雪荒れ狂う雪まつりでした。竪穴式住居の中が一番平和だったような気がします。でも、

これぞ雪国!!

でしょ?

 

2 雪消え

十日町雪まつりが終わると今度はひたすら雪消えです。このような光景が2週間くらい続きました。

 

3 4月の雪割り

写真は縮小してよく見えませんが、道路を使って雪割の様子が伺えます。撮影日もパワーショベルで雪を撒いていました。

もうほとんど雪消えです。

イベントというものは重なるもので、普段は雪に閉ざされた笹山遺跡がにわかに賑わった1日でした。

その1

笹山縄文カレッジ
ささやまラボ 火焔型土器チョコ作り

http://www.tokamachi-museum.jp/cgi-bin/cms_index_news/upl/248.pdf

十日町市博物館の主催で行なっております。本物の縄文土器のかけらから型取りした型を使ってチョコレート作りを行いました。一個もらっちゃいました。ちょっと早いバレンタインチョコです。

 

その2

雪国文化体験モニターツアー御一行様

「火焔土器のクニ 十日町 縄文ツーリズム」が主催し、秋にあったツアーの第2弾ということで少人数ではありますが冬の笹山に訪れました。

阿部学芸員の説明も熱が入ります。

そして一行はかんじきを履いて外に。

 

その3

十日町雪まつりのおまつり広場準備

地元の振興会による十日町雪まつりの準備です。2月17日(土)〜18日(日)に開催されます。

http://snowfes.jp/wp/?p=12668

ぜひお越しください。

 

以上、賑やかな笹山でした。

一時期は「いつ雪が降るんだろう」とか「雪少ない」とか言っていましたが、今シーズン最強と言われる寒気の影響ですっかり冬景色になりました。

この奥に竪穴式住居があるのですが、深くて見えません。

縄文館の屋根に注目!東風の「笹山おろし」が大量の雪を運んだせいか、大きな「雪庇」が出ていました。

この後、この雪が一気に落ちてきて、大変危険な目に遭いました。気をつけましょう。

2017年の冬至はとてもとてもいい天気でした。今年は降雪が早く、11月中旬に積もってしまいましたが、今のところは大雪ということではないようです。今後どうなるかわかりませんが。

この頃になると、毎年「冬至の会」を開催していた頃が懐かしく感じます。

またやろうかな??

前回の冬囲いの時期と比べて、降雪はありますが、そんなに多くはないでしょうか?

今年は寒波が例年より早く到来してきました。

間一髪で笹山縄文館ほかの冬囲いが終了しました。

現在の笹山はすっかり雪化粧です。

冬の間も、様々な方々が様々なイベントを行いますので、頑張って維持していきます。

 

長い間通行止であった、国道117号線から笹山遺跡に向かう市道が開通いたしました。

これでダイレクトに行けます!

 

取り急ぎ文字だけですいません。

事務局員のワタシの構想2年、描画期間2日、業者制作1ヶ月の上に完成しました。

その名も「縄文紙コップ」

アイスを入れて見ました。これで、燃え盛る炎をアイスで表現・・・・・できていません(大涙)。

コップが大きすぎたようです。もっとアイスの試作が必要です。

聖火台の道は遠く険しいです。実現を願っていますよ!

 

ならば、かき氷はどうだ?!

これぞ、燃え盛る炎に氷を見立て・・・・・・・られませんでした(超涙)。氷が高く積み上がりません。

とりあえずコーヒーでも淹れて飲むのが一番のようです。ドングリを混ぜ込んだドングリコーヒーや、縄文汁などを入れてみるのがいいのかもしれません。

 

何かいいアイデア募集中です。

お隣の長野県の霧ヶ峰の東北端に国指定遺跡の「星糞峠黒耀石鉱山」というところがあります。

今回、ご縁があって第13回黒耀石のふるさと祭りに縄文スタイルでいってきました。特集です。

星糞峠黒耀石鉱山にて実際の発掘状況を説明している様子。たくさんの小・中学生が熱心に聞いておりました。

白いところが火砕流の跡とのことです。

説明の様子。

 

ところ変わって、おまつりの会場の一角。大変広い敷地の中でイベントを行なっております。

 

縄文クッキー。笹山で再現したものとずいぶん違います。中身はほぼ一緒なのですが、ぶどうが入っているのが大きな違いでしょうか?

また、大変高カロリーで完全栄養食のような気がしました。もうちょっと水分を抜くと保存がきくと思いました。

 

黒耀水の野点を笹山の縄文人が楽しみます。理事長ほか遠路はるばるご苦労様でした!

そして、明日から笹山のイベントをどうしようか考えます。

 

 

今年で2回目となる「山の日」

 

笹山縄文古道では、山登りが行われました。

朝の笹山は霧がかかっていたみたいです。

笹山遺跡の東側の縄文古道へ向かいます。

山の上も霧がかかっていて眺望は望めませんでした。

また、山登りを終えると、昨年も来ましたが「越後妻有100キロ徒歩の旅」の御一行が笹山に立ち寄っていました。