笹山日記

2020年末から2021年初頭にかけて、大雪に見舞われました。笹山でも、事務局が今まで経験したことのない大雪で・・・。

今回は、久しぶりの晴れ間になったので、竪穴式住居の維持管理作業の様子を見てみましょう。特集でお送りいたします。

ちなみに、本来ですと、今日は十日町雪まつりが開催されるはずであった日です。今日はいつになく穏やかな笹山でした。

竪穴式住居への入り口
もはや1階部分が見えません

もう、入り口の時点で車の身長を超えています。維持管理のためにこの積雪であっても毎週1回、火焚きの作業を行っております。

笹山の足跡その1

ここからは、カンジキと呼ばれる長靴に取り付ける竹の枠を使って移動します。長靴そのままだと、雪に足を取られて動けなくなります。

竪穴式住居に近づく

スノーダンプで雪をどけながら入り口を確保します。スノーダンプは頼りになる「吉鉄」と「クマ武」です。作業員の自前ですが。昔の縄文人はもちろん、スノーダンプは持っていませんでした。それを思うと、楽に除雪ができるスノーダンプは画期的な発明であることを感じます。

竪穴式住居入り口その1

雪を階段上に加工して入口を作ります。雪が積もりすぎて、雪のトンネルのようです。

中ではいつも通りの焚き火の風景。この光景は5,000年前から変わらない風景である・・・・はずです。

笹山の足跡その2

次の竪穴式住居に向かいます。こっちの方が背が低いのですっかりと雪の中に埋まってしまいました。

竪穴式住居入り口その2

こっちもさきほどの住居と同様に階段状にして掘っていきます。

中ではいつも通りの焚き火の様子。とても暖かです。

光の矢

突如、上方より光の矢というか、階段というか、何でしょうか?
住居内の煙が太陽光に反射して光の矢に見えます。

光の矢の元で粛々と火を焚きます。なんかカッコいい。

今回は以上です。雪消えが待ち遠しいなあ。

新年明けてしまいましたが、昨年に撮りためたネタです。

(ネタ1)笹山に虹が出ました。2020年11月4日
笹山縄文ツアーズの準備作業を行っていたところ、急に虹が出ました。この日は天候が悪く、笹山遺跡も足元が非常に悪い状態でした。管理車両の轍もあまり付けたくないものですが仕方ありませんね。

笹山縄文館をバックに。
竪穴式住居も一緒に撮ってみました。

(ネタ2)秋の笹山 2020年11月15日
笹山遺跡で「Oh!むかしマルシェ」のイベント終了後の風景です。初冬なのにこの日は天気が良くなり、イベントは大盛況に終わりました。昼間は賑やかでしたが、イベントが終わってオレンジ色の世界になるとちょっと寂しさが出てきます。

この日はとても穏やかで。この後の大雪なんて知らずに。

(ネタ3)ポロシリの葬儀 2020年11月21日
当NPOの初代理事長を務められたポロシリがお亡くなりになりました。喪主様の計らいで、自宅出棺後に笹山遺跡を通過してくださいました。理事役員でお見送りいたしました。
ポロシリよ、ありがとう。安らかにお眠りください。

NPOの理事役員で見送りました。 

(ネタ4)大雪 2020年12月20日
12月中旬からの大雪は一気に積雪が1メートルを超えました。大雪には慣れているのですが、ここまで急に降ると大変です。

入り口がわかりません。その後入口を掘り出しました。
猛暑の中、移動しました。

笹山遺跡に設置してある木のベンチ。城山の材木を再利用して設置したものですが、イベント開催に備えるために設置位置を移動しました。
これで、座り心地がよくなった?!

今年度の発掘調査はこのへん
拡大図 撮影日は発掘調査はお休みでした

笹山縄文館の南側の一区画を発掘調査しております。実は昨年度から始めていて、昨年度は室町時代の遺構調査をしました。今年はもっと遡って縄文時代の調査となります。

今年は夏至の日に日食が見られました。

太陽強すぎで欠けてません

スマホのカメラでは太陽撮影は無理です。

やっぱり眩しくて欠けていません

このまま続けるとカメラのシャッターが故障してしまうのでやめておきます。

日食でも夏至でも変わらない風景

夏至でも日食でもこの笹山の地はいつも通りでした。

新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、今年は笹山じょうもん市を開催中止といたしました。

せっかくなので、当日の笹山の様子を特集でお送りします。

例年は賑やかな笹山遺跡。今日は誰もいない、ひっそりとしていました。来年こそは盛大に開催をしたいですね。

3月14日、すっかり雪溶けの笹山に立教大学の阿部治教授と学生の皆さんが笹山を訪れました。

当日は、中条底力サミットというイベントを開催する予定でしたが、新型コロナウイルス感染症拡大防止のためにやむなく中止になりました。代わりに笹山縄文館にて土器チョコ作りやミニ土器作りのほか、ミニ講演会も行いました。

ミニスライドショーを見ています

その後、ミニ土器を竪穴式住居で焼きました。

炙りの様子
焼成の様子。中の土器が見えますか?

日帰りでとても短い時間の中でしたが、阿部先生、学生さんともに有意義な時間となったことでしょう。

令和元年〜令和2年にかけての冬は古今例を見ない小雪でした。

ちょっと降ったと思ったらすぐ溶けてを繰り返し、もう3月になってしまいました。まとめて更新します。

2020年1月4日 タイヤの跡からも分かるように積雪は数センチ
2020年2月9日 やっと調子良く降ってきました。積雪30センチオーバー

たぶん、このころが最高積雪だったんじゃないでしょうか?

2020年2月15日 十日町雪まつりの日

雪が溶けて10数センチに。本来であればここで中条笹山ひろばを開設し、雪像などが作られる予定でしたが、この小雪で雪像作りとひろば開設を断念しています。

3月17日(追加写真)いつもなら4月下旬ころの絵

そしてそのまま雪解けを迎え、春に突入です。
以上、雪無しドキュメントでした。

今年は雪が少ない笹山縄文館より

2020年 今年もよろしくお願いいたします。

今年は東京オリンピックがあります。縄文文化を世界へ!

初雪でまっしろ

2019年も最後の1ヶ月となりました。既に冬の準備は整っていますが、初雪が積もりました。

遠くに雲海が見えます

気温が低く、天気がいいと、朝方に信濃川からあがる霧を見ることができます。冬は天気が良くないので貴重なシーンです。

笹山縄文館から北を望む

一方、北側は滅多に写真を撮らないのですが、紅葉が朝日に映えていたのでつい、撮っちゃいました。この風景もあとわずかです。すぐに雪で真っ白な風景に変わるでしょう。